2020-01-01

メールアドレス記載に関するお願い

コメントをくださる方のうち、何らかの理由のもとにメールでのやり取りをご希望される方へのご注意です。
投稿ページにある「メールアドレス」欄にご自身のメールアドレスを記載される方が多いのですが、当方PCの都合によりここに張り付けられたアドレスは開くことができません。
非公開コメント「管理者にだけ表示を許可する 」にチェックを入れていただいた上での投稿ですと、管理者のみが閲覧可能な状態になり、他者に知られることはありませんので、非公開コメント設定にした上で、コメント本文中にメールアドレスなどの連絡先を記載くださいますようお願い申し上げます。

2017-04-19

映画『美女と野獣』


映画「美女と野獣」(ディズニー実写版ミュージカル)を観てきました。
ディズニーの美女と野獣はすごく好きです。
時に頑固なまでに自分を信じて心のままに行動するベル(しかも時代背景的にはそんな生き方をするのはかなり難しい時代で)の心の強さや美しさも素敵だし、野獣となった王子との心と心の触れあいで互いに愛を知る、というのも素敵です。
映像的にも華やかで楽しげなシーンもたくさんあって、そうかと思うと、しっとりとした二人のダンスシーンはいつみてもうっとりだし、終盤にはちゃんとハラハラさせる場面もあって、だろうなというハッピーエンドで大団円。好きになれない要素が一つもありません、笑。
劇団四季の美女と野獣も観たことがあって、それもすっごくよかったし、ほんとに好きです。ディズニーオンアイスのオールスター版だったりプリンセス版だったりできちんとストーリー追ってない時でさえ、テーマソングと共に二人がスケートする姿に涙だし、ただテーマソングが流れただけで泣きのスイッチが入ります。

先週、たまたま映画館の前を通りかかって上映中であることを知り、これは絶対行かなくては!と急いで行ってきました。人気の映画でも上映期間短いんですよね、カタールは。
そもそもカタールで今何が上映されてるか、普通に暮らすだけでは全く情報が入らないので、常時シネマサイトをチェックするしかないのですが、そうマメにチェックもできず、こっちでも上映してたら観たいな~と思う映画も、知らぬ間に度々逃してきたのだろうと思います^^;
チケット売り場のお姉さんが言うことには、カタールでは既に上映3週目に入っており、映画のタイミングは木曜日始まりの水曜日終わりというカタールですので、おそらく3月30日からの上映開始だったのではないかと思います。
アメリカでの公開は3月17日で、カタールは2週遅れの上映、日本は5週遅れの4月21日からなので、カタールの方が早かったですね。日本では公開が待ちきれないファンもたくさんいることでしょう。
私は洋画もできる限り吹替えではなく元のままで観たいと思う方ですが、日本語吹替え版では洋服ダンスのガルドローブを元劇団四季の濱田めぐみさんが担当しているとのこと(彼女の「アイーダ」は最高でした!!)なので、日本語吹替えもいつか是非観てみたいと思っています。

続きを読む

2017-04-16

デーツパン


ごく最近、カルフールのパン売り場で見つけました。
DSCN9430a.jpg
多分新商品の、デーツパン。
2個入りで4.75QR(150円)。
素朴な味わいですが、デーツのまったりと口にまとわりつく食感と甘さが、なんとなくあんこにも似ていてなかなか美味しいです。

続きを読む

2017-04-11

君の名は?-突撃!カタールの結婚披露宴-②


先の記事でも述べた通り、カタールでは男女別々に結婚披露宴を行います。
今回の披露宴では、火曜日に男性の披露宴が執り行われ、その後の土曜日に女性の披露宴がありました。
女性の披露宴が行われる2~3日前には、新婦宅にてヘナパーティが開かれ(自宅にヘナアーティストを呼び寄せます)、お祝い事に欠かせないヘナタトゥーを新婦はじめ出席者たちの腕や手に施します。
普段、真っ黒なアバヤに身を包み、まさに秘密のベールに隠されたカタール女性ですが、家族以外の男性の目に触れてはならないからそうするのであって、女性しかいない場所では隠す必要がないため、このような場でもほとんどの人がアバヤを脱いで過ごします(ただ、年配の方は、アバヤのまま、髪も顔も隠したままで参加している方も多いです)。
華やかな結婚披露宴ですので、女性たちはここぞとばかり大変ゴージャスなドレスに身を包んで参加します。この日のために皆新調するのでしょうね。スレンダーな人もたまにいますが、だいたいは体型も大変“ゴージャス”な方たち。“ボンキュッボン”ならぬ“ボンボボーン!”のオンパレード。同性ながら目のやり場に困るようなドレス姿の人も大勢です。
普段から「しっかりメイク」のカタール人ですが、結婚パーティともなると普段以上に「がっちりメイク」で臨む人が多く、幼い子供たちまでも「ばっちりメイク」で参加します。
キラッキラに輝きを放ち大粒に連なるこれまたゴージャス過ぎるネックレス、イヤリング、ブレスレット、リングの数々は、まぎれもなく本物のダイヤモンドたち。アクセサリーだけで、出席者全員の総額いくらに達するのかしら・・・なんて下世話なことを想像してしまいます。

私はと言えば、お呼ばれ用にと一時帰国の時にアウトレットで買った1万円しないシンプルなワンピース(だって今カタールにこれしか持ってない・・・)に、数千円の淡水パールのロングネックレス(ほんとごめんなさい)。普段化粧気のない顔に、辛うじて色を乗せてはきたけれど、会場に着いて顔も格好もド派手な他の出席者の面々に、顔も格好も薄すぎて地味過ぎてごめんなさい、と場違い感スーパーマックスで、今すぐくるりと踵を返したい衝動に駆られました。

続きを読む

2017-04-10

君の名は?-突撃!カタールの結婚披露宴-①


カタール人の結婚披露宴に招待され、出席してきました。
カタールでは男性と女性が別行動という文化のため、例えば自宅に客人を招いた時も男性のみと女性のみに完全に分かれてそれぞれ専用のマジリス(客間)で過ごします(家族・親族のみの場合はこの限りではない)。従って、結婚披露宴も同じく、男性と女性とで完全に分かれて実施されます。
男性の会場は、特設された、伝統的な巨大テント様式のマジリスで行われることが多く、今回招待された披露宴の男性会場では開始から2時間程度で終了したと聞きました。
代わって女性の会場は、ホテルのボールルーム(パーティ会場)や、イベント専用ホールなどで、男子禁制の厳戒態勢、秘密の花園状態で夜更けまで延々と続くものとなっています。

続きを読む

プロフィール

ドーハ駐在妻

Author:ドーハ駐在妻
遠く地元を離れ、始まった新婚生活も1年少々、住めば都か、愛着も沸いてきた矢先に急遽下された夫のカタール赴任辞令。常々希望していたこととわかっていても、ぐうたら妻がようやく重たい腰を上げてやりたい仕事を見つけたのに?夫婦で考えていた子作り計画も変更せざるを得なくなるのに?えぇ!?今、このタイミング!?と戸惑いも。。しかし、ものは考え様。今このタイミングだからこそ夫婦二人で異国生活が経験できるというもの。人生の新しいドアはいつだってすぐ目の前で開けることができるのです!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事