2020-01-01

メールアドレス記載に関するお願い

コメントをくださる方のうち、何らかの理由のもとにメールでのやり取りをご希望される方へのご注意です。
投稿ページにある「メールアドレス」欄にご自身のメールアドレスを記載される方が多いのですが、当方PCの都合によりここに張り付けられたアドレスは開くことができません。
非公開コメント「管理者にだけ表示を許可する 」にチェックを入れていただいた上での投稿ですと、管理者のみが閲覧可能な状態になり、他者に知られることはありませんので、非公開コメント設定にした上で、コメント本文中にメールアドレスなどの連絡先を記載くださいますようお願い申し上げます。

FC2 Management
2014-10-22

いわしのかば焼き


いわしのかば焼きを作りました。
CIMG9633a.jpg
魚コーナーで内臓処理だけしてもらって自分で開くつもりだったのですが、フィレ処理されたパックがあったのでそっちを買いました^^;
5尾分入りで15QR(450円)だったので、それでも安いっ><
ご飯がすすむ君なおいしいおかずではありましたが、クックパッドで「いわしのかば焼き」での一番人気のレシピを参考にしたところ薄口関西人の私にはちょっと味が濃すぎました。
次作る時はもう少し薄味にアレンジしたいと思います。

この前もキュウリと鶏肉でを炒めものをしようと思って一番人気のレシピを探したところ、たくさんのつくれぽ(レビュー)が投稿されていたのですが、その中に「ちょっと塩辛かった」という書き込みを見つけたので、レシピにある分量よりも塩分控えめにしたのですが、それでもなお塩辛く・・・。あれで関東とかの人たちにはちょうどいい塩加減なのかしら。。。
素人のレシピに素人がレビュー投稿している(それも、投稿数稼ぎたいがために本音では書きこんでない人も結構いそうだし)ので、人気の高いレシピを探すようにはしているのですが、やっぱり時々こんな風に味が濃すぎたり、正直ビミョーな感想が残るようなハズレを引いてしまうことも。。。
(私の腕前の問題ではなく、レシピの問題だと激しく主張しておきますが)
まあ、そうは言ってもクックパッドはじめ、ネットのレシピサイトには非常に助けられているのですけれどね、特に海外生活においては大いに助けられます。

さて、本題に戻ると、かば焼きも食べたい食べたいと思い続けてようやく実現しておいしかったけれど、やっぱり私はいわしはフライか、梅煮などの煮付けの方が好きかな~、と思いました。
最近いわしの記事が続くので、次は目新しい魚の記事を投稿できるようにチャレンジしてみたいと思います!


2014-10-20

和牛というもの



カタールでも、『和牛』をレストランで食べたり、メガマート、モノプリ、スピニーズといった高級スーパーの精肉コーナーで買うことができます。そして他の産地の牛肉に比べてももっとも高価なお値段が付いています。
ところが、「和牛」と言っても、オーストラリア産の「和牛」なんですね、これは。表示もそのまま「wagyu」。和牛ブランド牛、ということです。

続きを読む

2014-10-18

ID更新


またこの季節がやってきました。
一年更新のレジデンスビザとIDの更新です。
ここ数年、きっとこれが最後、今度こそこれが最後と念じながらまた次の更新を迎え、懲りもなくまた今年も同じことを繰り返しているドーハ駐在妻です。
今年は日付もちゃんとクリア(これが当たり前のはずなんだけど^^;)、問題なくさっくり3日で更新手続きも済んでビザの一枚増えたパスポートと新しいIDが戻ってきました。

来年4月にはリカーパーミットの更新時期が巡ってきます。
・・・。
届かぬ願いなら、もう余計なことは念じるまい。
あるがままの現実をありのままに受け止めるしかないのか。

いつになったら帰れるのでしょう。。。(T・T)


2014-10-16

お土産のヒント・・・お土産説明書


海外在住邦人の日本への一時帰国ラッシュとしては、お子さんの夏休みシーズンと年末年始が一番多いのですが、一時帰国時の悩みの種と言えば、お土産。
名産品などが色々選べるような土地や、毎回同じになるけど、これさえ渡せば誰でも毎回喜んでくれる、みたいな定番商品があるところなら悩みも少ないでしょうが、ここ、湾岸地域、しかもカタールとなると、名産品・・・デ、デーツ!?でも、あんまり日本人の評価高くないから、1回目の珍し土産で渡しちゃったら、2回目からは使えないし・・・。と、ネタがなく、皆さん大変に困っています。
かと言って、手ぶらで帰るのも、気が引けるもの。
私も毎回悩むことなので、お土産ネタはないかと、帰国の予定がなくともアンテナを張って、使えそうなものを見つけると、食品などの消費・使用期限のないものであればその場でいくつか買い、食品などの期限のあるものについてはチェックだけしておく、ということを常日頃から行っています。
もう年がら年中お土産蟻地獄ですよ^^;

続きを読む

プロフィール

Author:ドーハ駐在妻
遠く地元を離れ、始まった新婚生活も1年少々、住めば都か、愛着も沸いてきた矢先に急遽下された夫のカタール赴任辞令。常々希望していたこととわかっていても、ぐうたら妻がようやく重たい腰を上げてやりたい仕事を見つけたのに?夫婦で考えていた子作り計画も変更せざるを得なくなるのに?えぇ!?今、このタイミング!?と戸惑いも。。しかし、ものは考え様。今このタイミングだからこそ夫婦二人で異国生活が経験できるというもの。人生の新しいドアはいつだってすぐ目の前で開けることができるのです!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事