2020-01-01

メールアドレス記載に関するお願い

コメントをくださる方のうち、何らかの理由のもとにメールでのやり取りをご希望される方へのご注意です。
投稿ページにある「メールアドレス」欄にご自身のメールアドレスを記載される方が多いのですが、当方PCの都合によりここに張り付けられたアドレスは開くことができません。
非公開コメント「管理者にだけ表示を許可する 」にチェックを入れていただいた上での投稿ですと、管理者のみが閲覧可能な状態になり、他者に知られることはありませんので、非公開コメント設定にした上で、コメント本文中にメールアドレスなどの連絡先を記載くださいますようお願い申し上げます。

FC2 Management
2014-10-26

モロッコ産いわしの缶詰


もうかなり前のことですが、モロッコに旅行した夫の知人から、こんなお土産を頂きました。
CIMG8188.jpg
緑茶ガンパウダー(火薬、ではありませんよ^^;くるっと丸まった茶葉で、こう呼ばれます)と、いわしの缶詰。
モロッコではこのガンパウダーとたっぷりの生のミントの葉を一緒に淹れ、これまたたっぷりのお砂糖を加えたミントティーがよく飲まれています。
なんといっても、このパッケージが素敵☆ですよね!すごく好き♪

続きを読む

2014-10-24

マッチ一本火事の元


最近私は毎日のようにマッチを使うのですが、家にあるストックが底をついてきたので、スーパーで買い足そうとしました。
2~3軒買い物の際にマッチを探してみたのですが、あれ?見つからない・・・。
カタールに来てすぐの頃に1~2度マッチを買って以来、長らくマッチを買い足すことがなく(この間、使い捨てライターやチャッカマン的ライターを使用してきたため)今に至り、かつて購入したエリアを見ても置いてないので、売り場が変わったのかな、と、ロウソクやお香等が並ぶコーナーや、その他生活雑貨コーナーなど探してみたのですが、見つけられない。

続きを読む

2014-10-22

いわしのかば焼き


いわしのかば焼きを作りました。
CIMG9633a.jpg
魚コーナーで内臓処理だけしてもらって自分で開くつもりだったのですが、フィレ処理されたパックがあったのでそっちを買いました^^;
5尾分入りで15QR(450円)だったので、それでも安いっ><
ご飯がすすむ君なおいしいおかずではありましたが、クックパッドで「いわしのかば焼き」での一番人気のレシピを参考にしたところ薄口関西人の私にはちょっと味が濃すぎました。
次作る時はもう少し薄味にアレンジしたいと思います。

この前もキュウリと鶏肉でを炒めものをしようと思って一番人気のレシピを探したところ、たくさんのつくれぽ(レビュー)が投稿されていたのですが、その中に「ちょっと塩辛かった」という書き込みを見つけたので、レシピにある分量よりも塩分控えめにしたのですが、それでもなお塩辛く・・・。あれで関東とかの人たちにはちょうどいい塩加減なのかしら。。。
素人のレシピに素人がレビュー投稿している(それも、投稿数稼ぎたいがために本音では書きこんでない人も結構いそうだし)ので、人気の高いレシピを探すようにはしているのですが、やっぱり時々こんな風に味が濃すぎたり、正直ビミョーな感想が残るようなハズレを引いてしまうことも。。。
(私の腕前の問題ではなく、レシピの問題だと激しく主張しておきますが)
まあ、そうは言ってもクックパッドはじめ、ネットのレシピサイトには非常に助けられているのですけれどね、特に海外生活においては大いに助けられます。

さて、本題に戻ると、かば焼きも食べたい食べたいと思い続けてようやく実現しておいしかったけれど、やっぱり私はいわしはフライか、梅煮などの煮付けの方が好きかな~、と思いました。
最近いわしの記事が続くので、次は目新しい魚の記事を投稿できるようにチャレンジしてみたいと思います!


2014-10-20

和牛というもの



カタールでも、『和牛』をレストランで食べたり、メガマート、モノプリ、スピニーズといった高級スーパーの精肉コーナーで買うことができます。そして他の産地の牛肉に比べてももっとも高価なお値段が付いています。
ところが、「和牛」と言っても、オーストラリア産の「和牛」なんですね、これは。表示もそのまま「wagyu」。和牛ブランド牛、ということです。

続きを読む

プロフィール

Author:ドーハ駐在妻
遠く地元を離れ、始まった新婚生活も1年少々、住めば都か、愛着も沸いてきた矢先に急遽下された夫のカタール赴任辞令。常々希望していたこととわかっていても、ぐうたら妻がようやく重たい腰を上げてやりたい仕事を見つけたのに?夫婦で考えていた子作り計画も変更せざるを得なくなるのに?えぇ!?今、このタイミング!?と戸惑いも。。しかし、ものは考え様。今このタイミングだからこそ夫婦二人で異国生活が経験できるというもの。人生の新しいドアはいつだってすぐ目の前で開けることができるのです!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事