2020-01-01

メールアドレス記載に関するお願い

コメントをくださる方のうち、何らかの理由のもとにメールでのやり取りをご希望される方へのご注意です。
投稿ページにある「メールアドレス」欄にご自身のメールアドレスを記載される方が多いのですが、当方PCの都合によりここに張り付けられたアドレスは開くことができません。
非公開コメント「管理者にだけ表示を許可する 」にチェックを入れていただいた上での投稿ですと、管理者のみが閲覧可能な状態になり、他者に知られることはありませんので、非公開コメント設定にした上で、コメント本文中にメールアドレスなどの連絡先を記載くださいますようお願い申し上げます。

2017-10-17

ハルミチーズ


最近ハルミチーズが好きで時々買います。
私はスライスしてフライパンで軽く焼き目を入れて、サラダのトッピングにしたり、肉料理の付け合わせに添えたりして食べます。
キプロスに旅行した時に現地のレストランで食べたハルミチーズはちょうど良い塩加減で美味しかったのですが、カタールのスーパーでキプロス産のハルミチーズを見つけて期待して買って食べたところ大きくハズレてしまいました。スライスしようと包丁を入れるとボロボロに崩れてしまうほど凝固具合がやわく、さらに尋常じゃないくらいしょっぱ過ぎてとても食べられなかったのです。
それまでにも別のメーカーのものを食べたことはあって、袋から出してスライスして焼いて食べるだけで美味しく頂けたので、通常塩抜きなどの下処理が必要なものなのかどうかわからなくなり、何人かの人に尋ねてみることにしました。
すると、ハルミチーズの塩加減は当たり外れが大きいらしいということが判明。塩抜きをしてから食べている方もいるようでした。
以前美味しかったメーカーがどれだったかもう覚えていないのですが、こわごわ、試してみたところ良い塩加減のものに出会えました。
20171003231246983.jpg
これはハンガリー製のもの。確か7QR(210円)ちょっとだったかな。スーパーの棚に並ぶハルミチーズの中では値段も安いラインなので有り難いです。計り売りのフレッシュチーズ売場のハルミチーズにもおいしいのがあるかもしれませんが、もうしょっぱい失敗はしたくないのでチャレンジはせず、以来、これをリピートしています。


2017-10-14

Takeshi Castle


とあるけだるい金曜の夕方、何気なくテレビをつけ、チャンネルを回すと懐かしく、見覚えのある映像が目に飛び込んできました。
おや、と思いながら見ていると、やっぱりそれはそうだったのでした!

こちらの放送における番組の案内人。
20170923051813cd4.jpg
姿が登場するのはオープニングだけですが、番組の中で解説的な声での出演は続き、時折彼の低い笑い声も流れます。
一視聴者として楽しんじゃってるし^^;

続きを読む

2017-10-11

それ、ここで誰が買うねん!?


私がカタールに来たときからハイアットプラザにダイソーがありました。当時は特に、困った時のダイソー頼み、ダイソーになければもう諦めるしかないという、日本人駐在員の最後の砦でした(それでもなかなか思うように物は手に入らなかったものです)。
そして当時も今も現地の人達にも人気のあるお店です。

その後できたガルフモールと、一番最新のモール、フェスティバルシティにもダイソーは出店しています。ちなみにカタール第二の都市ワクラにもダイソーはありますが私はワクラ方面にはめったに足を運ばないのでワクラのダイソーには行ったことはありません。

しばらく前に、ハイアットプラザではダイソーがある2階フロアーを改装し、ダイソーは以前よりさらに広い販売エリアとなって新装開店しました。おそらくカタールで一番大きなダイソーだと思います。

先日、買いたいものがあってそんなダイソーに行きました。
そこで見つけた、思わず「これ、ここで誰が買うねん」と担当者に突っ込みを入れたくなるような商品をご紹介したいと思います。

続きを読む

2017-10-08

じたばたするなよ


私のカタール駐在生活も8年を満了し、9年目に突入しました。はい、どうもありがとうございます。
過去の記事をさかのぼってみたところ、3年を満了した頃から毎年、おかしい、おかしい、こんなに長く駐在するはずじゃなかったのに、と同じぼやきが繰り返されていました^^;
20170926015742c7e.jpg
NAI・NAI・NAI まだ帰れNAI・・・
(古っ。。。)


プロフィール

ドーハ駐在妻

Author:ドーハ駐在妻
遠く地元を離れ、始まった新婚生活も1年少々、住めば都か、愛着も沸いてきた矢先に急遽下された夫のカタール赴任辞令。常々希望していたこととわかっていても、ぐうたら妻がようやく重たい腰を上げてやりたい仕事を見つけたのに?夫婦で考えていた子作り計画も変更せざるを得なくなるのに?えぇ!?今、このタイミング!?と戸惑いも。。しかし、ものは考え様。今このタイミングだからこそ夫婦二人で異国生活が経験できるというもの。人生の新しいドアはいつだってすぐ目の前で開けることができるのです!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事