2020-01-01

メールアドレス記載に関するお願い

コメントをくださる方のうち、何らかの理由のもとにメールでのやり取りをご希望される方へのご注意です。
投稿ページにある「メールアドレス」欄にご自身のメールアドレスを記載される方が多いのですが、当方PCの都合によりここに張り付けられたアドレスは開くことができません。
非公開コメント「管理者にだけ表示を許可する 」にチェックを入れていただいた上での投稿ですと、管理者のみが閲覧可能な状態になり、他者に知られることはありませんので、非公開コメント設定にした上で、コメント本文中にメールアドレスなどの連絡先を記載くださいますようお願い申し上げます。

2016-12-01

リカーショップが年会費制に変わります


イスラム圏のカタールでは、アルコールは国の許可を得ている5つ星クラスのホテルで飲むか、ドーハに1軒だけある国営の販売店「Qatar Distribution Company (QDC)」にて購入するかのどちらかでしか飲むことができません。
ちなみにアルコールと同じくイスラム教においてハラーム(禁止)である豚肉は、どこであれ一切外食で食べることはできませんが、5年前の2011年年末にQDCにてカタールでの販売が解禁され、唯一QDCでのみ限られた豚肉の購入ができるようになっています。

続きを読む

2016-11-28

ナンバープレート・オークション、結果発表


年間降雨量50㎜程度と言われるカタールでは、冬へと季節が変わるこの時期に雨降りになることが多いです。
しかし、今シーズンはあまりに雨が降らず、しばらく前に首長が雨乞いの儀式を行っている模様が新聞に記載されていました。
その甲斐あってか、木曜には地面を濡らす程度にうっすら雨が降ったり雷が鳴ったりし、週末は雨の予報となっていました。
金曜は降りそうで降らないままに終わったのですが、土曜の午後には1時間ほどザッと降り、あっという間にあちらでもこちらでも道路が冠水して洪水が起きていました。
日曜は朝から良いお天気だったのですが、夕方に雨雲がやってきて、ゴロゴロ鳴り出したかと思うとまたしてもザッと激しい雨、それも一部ヒョウ混じりの雨が、わずか30分くらいの短い時間に降り注ぎ、再度の洪水を引き起こしていました。
そもそも雨というものを想定しておらず、そうでなくても建てつけが悪いので、ひどい雨漏りを起こす建物も少なくありません。
本日月曜も、朝から怪しい雲行きで暗いです。
雨乞い、効き目あり過ぎたんでしょうかね・・・。

さて、『内務省 第5回 スペシャルライセンスプレートナンバー オークション』の結果が発表されました。
Doha Newsのサイトにはナンバーと金額がバッチリ載ってて、個人情報云々に非常にうるさい日本からしたら、え、そんなの大々的に発表しちゃっていいの!?^^;ですが、個人情報という概念が希薄(むしろダダ漏れ)な日常のこちらなので、誰も気にしないようで。。。

続きを読む

2016-11-24

ナンバープレート・オークション


日本では、車のナンバープレートの希望ナンバー申請代は地域によって多少差があるものの、5千円~1万円程度で手続きできますね。
自動的に割り振られたナンバーを運命として受け入れるもよし、あるいは1万円払って、語呂の良い番号や自分に縁の深い番号を希望申請するのもよし、でしょうか。

カタールでは、人気の高いナンバーは定期的にオークションが開かれ、驚きの高額で落札されています。
高いものだと、それはもう、数千万円というレベルでです。
車本体ではありませんよ、ナンバープレートのみの代金です^^;

続きを読む

2016-11-20

第6回ダウ・フェスティバル


11月15日~19日、カタラビーチにて第6回ダウ・フェスティバルが行われました。
DSCN8972a.jpg
第6回、って、おそらく年に一度の開催だろうから今年で6年目のイベントでしょうが、我が家は全く知りませんでした><

ダウ船はアジア~インド~アフリカの地域に渡って使われてきた伝統的な木造帆船で、元々は鉄釘を使わず、紐で縛って組み立てられていました。
古くから、大型のものは遠洋航海に、小型のものは漁業やパールダイビング用等にと使われてきたもので、現代でも使用されています。

続きを読む

プロフィール

Author:ドーハ駐在妻
遠く地元を離れ、始まった新婚生活も1年少々、住めば都か、愛着も沸いてきた矢先に急遽下された夫のカタール赴任辞令。常々希望していたこととわかっていても、ぐうたら妻がようやく重たい腰を上げてやりたい仕事を見つけたのに?夫婦で考えていた子作り計画も変更せざるを得なくなるのに?えぇ!?今、このタイミング!?と戸惑いも。。しかし、ものは考え様。今このタイミングだからこそ夫婦二人で異国生活が経験できるというもの。人生の新しいドアはいつだってすぐ目の前で開けることができるのです!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事