2020-01-01

メールアドレス記載に関するお願い

コメントをくださる方のうち、何らかの理由のもとにメールでのやり取りをご希望される方へのご注意です。
投稿ページにある「メールアドレス」欄にご自身のメールアドレスを記載される方が多いのですが、当方PCの都合によりここに張り付けられたアドレスは開くことができません。
非公開コメント「管理者にだけ表示を許可する 」にチェックを入れていただいた上での投稿ですと、管理者のみが閲覧可能な状態になり、他者に知られることはありませんので、非公開コメント設定にした上で、コメント本文中にメールアドレスなどの連絡先を記載くださいますようお願い申し上げます。

2015-07-01

ラマダンwithコスタ


今日から7月、早くも2015年の下半期突入ですね。月日は百代の過客ですな。
今日はラマダンの中日(開始から14日目)に迎える、イスラム版ハロウィン、ガランゴローの日です。
すなわち、ラマダンも残すところあと半分。非ムスリムにとっても色んな面で厳しいラマダンですが、頑張って乗り切りましょう!!

カタールのラマダンは、非ムスリムにとって決して過ごしやすいとは言い難い環境にありますが、それでも年々、少しずつながらも過ごしやすく移ろいでいることを感じています。
娯楽のないこの国において、我が家の週末の楽しみは、モノプリに出かけてバゲットを買うことだったり、近所のコスタコーヒーでお茶をしながら夫婦で他愛もない会話を楽しむ、くらいしかないのですが、ラマダン中は日中、ほとんどの飲食店が閉店していることから、そんなささやかな楽しみさえ叶うことがならず、結果、引きこもらざるを得ない状況にあります(狂いそうですっ><!!!)。
日没後は飲食解禁となりますので、多くの飲食店が日没頃から開店するわけですが、中にはラマダン中は一切の営業停止をしている店もあり、昨年は、我が家の行きつけとなっている近所のコスタがまさにそれでした。
今年もラマダン中休業するのかな・・・と思っていたのですが、今年は日没後には営業していて、ちょっと安堵。

そして、テイクアウェーの容器がラマダンスペシャルになっていて、ちょっとウキウキ。
CIMG9885a.jpg
コスタの容器は厚みもあり、でこぼこした形のため、熱さが手に伝わりにくく、とても持ち良いです。

CIMG9886a.jpg
普段はカタールカラー(!?)のエンジ色の容器なのですが、アラビックカリグラフィーが施された素敵なデザインとなっています。ラマダンカリーム的な文言なのかな?
このデザインのマグやタンブラーを販売してたら売れるだろうにな~。少なくとも私は確実に買うわ!笑。

2015-06-29

空の上のイフタール バージョンアップ編


またドバイに出張した夫が、今度は帰りの便のエコノミークラスがオーバーブッキングだったようで、クラブ会員の特権でアップグレードしてもらえ、ファーストクラスでドーハへと戻ってきました。
今回も夕方の便だったので、イフタールが配られましたが、ファーストクラスのイフタールは一体どんな内容なんでしょうか!?わくわく!!

続きを読む

2015-06-28

ポテトチップ・アラブの味


アラビアンなチップを発見しました。
CIMG9841.jpg
ラブネ&ミント味。
ラブネはアラブ料理でよく食べられる、ヨーグルトのディップのような、クリームチーズ風なもの。
世界的に有名なレイズのチップスから、アラビア~ン♪
気になるお味の方は、う~ん、ちょっと癖あり^^;まずくはないんですけど、私は・・もういいかな、笑。
食べきりサイズの小さい袋でも売っていたので、気になる方は小さい方でお試しになってはいかがでしょうか。

2015-06-27

迷子の君よ、さようなら


「わぁ~、出た!!ゴキブリ、ゴキブリ!!新聞紙持ってきてぇ~~」
寝室に足を踏み入れた夫がゴキブリを発見したらしく、声を上げています。

我が家のアパートでは定期的にペストコントロール(主にゴキブリを対象とした害虫駆除)が入るのですが、その際にまかれる殺虫剤がかなり強力なものなのではないか、と我が家はみていて、目に見えない殺虫剤の人の身体への影響が不安なので、いつも「アレルギーがあるのでうちはペストコントロールしないでください」と断っています。
ゴキブリ、嫌いです。怖いです。目に見えるところに現れないで欲しいです。でも、殺虫剤自体も、怖いんです。ですから、ペストコントロール拒否という選択をしているのですが、行き場を無くした野郎どもは、殺虫剤の影響のない場所へと逃げていきますので、自然、ペストコントロール実施後には、我が家での出現率が俄然アップします。
これも、仕方ないかな、と諦めています。

で、つい先日にもペストコントロールが行われていたので、あぁ、我が家に避難しに来たか・・・と、心構えをして新聞を握りしめ、ヤツと対峙する夫の元へと駆け寄りました。

続きを読む

プロフィール

Author:ドーハ駐在妻
遠く地元を離れ、始まった新婚生活も1年少々、住めば都か、愛着も沸いてきた矢先に急遽下された夫のカタール赴任辞令。常々希望していたこととわかっていても、ぐうたら妻がようやく重たい腰を上げてやりたい仕事を見つけたのに?夫婦で考えていた子作り計画も変更せざるを得なくなるのに?えぇ!?今、このタイミング!?と戸惑いも。。しかし、ものは考え様。今このタイミングだからこそ夫婦二人で異国生活が経験できるというもの。人生の新しいドアはいつだってすぐ目の前で開けることができるのです!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事