2020-01-01

メールアドレス記載に関するお願い

コメントをくださる方のうち、何らかの理由のもとにメールでのやり取りをご希望される方へのご注意です。
投稿ページにある「メールアドレス」欄にご自身のメールアドレスを記載される方が多いのですが、当方PCの都合によりここに張り付けられたアドレスは開くことができません。
非公開コメント「管理者にだけ表示を許可する 」にチェックを入れていただいた上での投稿ですと、管理者のみが閲覧可能な状態になり、他者に知られることはありませんので、非公開コメント設定にした上で、コメント本文中にメールアドレスなどの連絡先を記載くださいますようお願い申し上げます。

2015-05-25

旅行の荷物は・・・?


皆さんは海外旅行に出かける際、何を持って行かれるでしょうか?
持ち物、悩みますよね。
あれもこれも持って行かないと不安・・・で余計なものまで持って行って重たく嵩張るだけだったり、逆に現地調達しようと持って行かずに、うまく調達できずに困ったことになったり・・・回数を重ねる毎に自分にとって何が必要で何が不必要か明らかになってくるものですが、失敗しながら旅上手になっていけばいいんじゃないでしょうか^^それもまた思い出として。
今日は私がどういうパッキングをしているか、一つの案としてご紹介しようと思います。色々持って行きますが、消耗品は使う分だけ、潔く捨てて帰る、一つのアイテムで複数の使い方をする、など、できるだけ身軽なパッキングを心掛けて、行きからも荷物は少ない方だと自負しています。
あと、毎回必ず使うものでもなく結局使わなかったりもするけど、いざという時に出番が来るもの(折り畳み傘とか薬など)は、荷物になるから省く、ではなく、必需品として入れておいた方が良い、ということも経験上学びました。
もっと少なく、軽くすることはアイデア次第で可能ですが、一生旅人でもなく超身軽なバックパッカーでもないので、わざわざ旅行用にと出費を重ねなくても済むように、できるだけ家にあるもので準備しています。

続きを読む

2015-05-21

クロアチア(ドブロブニク)で買ったお土産


モンテネグロではお土産を期待していなかった分、おまけで立ち寄るドブロブニクでラベンダーポプリなど少し買ってこられたらそれでいいかな、と思いつつ、クロアチア土産も今一度事前リサーチしたところ、3年前のリサーチではヒットしなかったアイテムを見つけ、ズキューン!ひと目で私のハートは射抜かれました!!
今回、絶対、手に入れるぞ><!!これだけ手に入れられたら、あとはもういい、とこれ一本に絞り、夫にもこれ、絶対に手に入れるから!!これだけでいいから!!と、自作のしおりに印刷された写真を見せながら幾度も宣言し、その度に夫は、はいはい、好きにしたまえ、とばかりに気のない返事をしていたのですが、ドブロブニクの旧市街に着くなり、まずは例のものを探そうね、と気にしてくれていました。探した上で出会いがなければ仕方ないと諦めるしかないのですが、万が一探しもせずに帰ったら、そりゃあもう、あとがうるさいですからね^^;
ドブロブニクはクロアチア国内でも随一の観光地なので、国内の他の地域に比べて物価が高いのですが、今回はドブロブニクにしか行かないのでお値段は度外視^^;です><

続きを読む

2015-05-20

モンテネグロで買ったお土産


お土産の買い物も旅の楽しみ・目的のうちで大きな割合を占める私。
観光などより、いの一番にお土産情報をリサーチするのですが(むしろお土産情報しか事前リサーチしないこともあったり。笑)、モンテネグロのお土産をリサーチしても、これといったものはヒットせず、何もないことを承知の上で旅に出ました。
恒例のマグネットだけは手に入れよう、と、それだけで充分です。
さて、そんなモンテネグロでゲッチュしてきたお土産はいかに・・・!?

続きを読む

2015-05-19

8日目:ポドゴリツァからドーハへ(2015/5/8)


最終日になりました。
8日間もの長い旅行は本当に久しぶり。途中でまだ○日も残ってるよ~、状態になるかと思いきや、何だかあっという間に毎日は過ぎていって、もうおしまいなの?という気分。
お昼前には空港へ向かわねばなりません。出発まで午前中、少し中心部をうろうろします。

お宿の朝食
DSCN0775a.jpg

続きを読む

プロフィール

Author:ドーハ駐在妻
遠く地元を離れ、始まった新婚生活も1年少々、住めば都か、愛着も沸いてきた矢先に急遽下された夫のカタール赴任辞令。常々希望していたこととわかっていても、ぐうたら妻がようやく重たい腰を上げてやりたい仕事を見つけたのに?夫婦で考えていた子作り計画も変更せざるを得なくなるのに?えぇ!?今、このタイミング!?と戸惑いも。。しかし、ものは考え様。今このタイミングだからこそ夫婦二人で異国生活が経験できるというもの。人生の新しいドアはいつだってすぐ目の前で開けることができるのです!

カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
最新記事